江戸時代

天保

読み方

てんぽう・てんほう

西暦

1831年1月23日~1845年1月9日

期間

約14年

天皇・上皇

仁孝天皇・光格上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(鷹司)政通(関白)・徳川家斉(将軍)

勘申者

桑原為顕

改元理由

災異改元

出典

「尚書」の「欽崇天道、永保天命(欽んで天道を崇べば、永く天命を保んず)」。

主な出来事

文政13年12月10日・・・同年に起きた江戸神田佐久間町火事(文政大火。3月21日、グレゴリオ暦4月24日)や、文政京都地震(7月2日、同8月19日)などの災異のため改元。
天保元年・・・伊勢お陰参り流行。
天保2年・・・安治川の浚渫工事。浚渫した土砂を積み上げて天保山が築かれる。長州藩で天保一揆。村田清風を登用して藩政改革
天保6年・・・天保通寳発行。
天保7年・・・天保の大飢饉、天保騒動。
天保8年8月・・・大塩平八郎の乱、生田万の乱、モリソン号事件、徳川家慶が将軍に就任。
天保8年7月・・・保字金発行。
天保8年11月・・・保字銀発行。
天保10年12月16日・・・幕府、渡辺崋山を蟄居に、高野長英を終身禁固に処す(蛮社の獄)。
天保12年・・・天保の改革。
天保13年7月・・・日本三名園のひとつ、水戸偕楽園が造園される。
天保13年7月24日・・・幕府、薪水給与令を発令する。
天保15年・・・寛政暦から天保暦に改暦。
天保15年6月15日・・・渡来したオランダ国使節が幕府に「福祉の増進」を勧告。
天保15年12月2日・・・弘化に改元。

ピックアップ記事

  1. 安和
  2. 永観
  3. 元治
  4. 天和
  5. 天応
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 長保
  2. 万寿
  3. 万延
  4. 長元
  5. 慶雲
  6. 養老
  7. 天安
  8. 寛徳
  9. 弘化
  10. 延暦
Sponsored Links
  1. 平安時代

    延喜
  2. 奈良時代

    大化の改新と律令国家
  3. 江戸時代

    嘉永
  4. 近代

    平成
  5. 江戸時代

    安永
PAGE TOP