江戸時代

文化

読み方

ぶんか・ぶんくわ

西暦

1804年3月22日~1818年5月26日

期間

約14年7ヶ月

天皇・上皇

光格天皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(鷹司)政煕(関白)・徳川家斉(将軍)

勘申者

五条為徳

改元理由

甲子革令

出典

「周易」賁卦彖伝の「観于天文、以察時変、観乎人文、以化成天下」
「後漢書」荀淑伝の「宣文教以章其化、立武備以秉其威」

主な出来事

享和4年2月11日・・・甲子革令に当たるため改元。
文化元年6月・・・羽前・羽後で文化の大地震、象潟が陸地化。9月、ロシア使節ニコライ・レザノフが通商を求め長崎へ来航。
文化元年9月6日・・・ロシア使節レザノフ、長崎に来航し、幕府に通商を要求する。
文化2年・・・江戸幕府、ロシアの通商要求を拒否。
文化3年3月4日・・・文化の大火(江戸三大大火の一つ)、死者1200人以上。
文化3年・・・江戸幕府、外国船への薪水給与令。
文化4年8月19日・・・江戸深川の永代橋が崩落し、死者・行方不明者1400人以上(永代橋崩落事故)。
文化5年・・・江戸湾沿岸に砲台修築起工。
文化5年・・・間宮林蔵が樺太を探検し、間宮海峡を発見。
文化5年8月・・・イギリス船フェートン号が長崎に来航、長崎奉行松平康英が引責自殺(フェートン号事件)。
文化8年・・・松前藩がロシア船ディアナ号を国後島で拿捕し、艦長ゴローニン海軍中佐ら8名を捕らえ抑留(ゴローニン事件始まる)。
文化8年・・・江戸天文台に翻訳局設置。
文化10年・・・ロシア船ディアナ号副艦長リコルドが報復として拿捕抑留していた廻船商人高田屋嘉兵衛が箱館に来航して松前奉行を説得し、艦長ゴローニンら人質を捕虜交換ということで解放。
文化13年・・・安曇野に拾ヶ堰開削。
文化14年3月23日・・・光格天皇が皇子・恵仁親王(後の仁孝天皇)へ譲位(一世一元の詔発布以前の最後の天皇の譲位)。
文化15年4月22日・・・文政に改元。

ピックアップ記事

  1. 元文
  2. 飛鳥文化
  3. 長暦
  4. 応和
  5. 元治
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 平安文化
  2. 弘化
  3. 治暦
  4. 飛鳥文化
  5. 元慶
  6. 昭和
  7. 享和
  8. 長保
  9. 延暦
  10. 延喜
Sponsored Links
  1. 奈良時代

    延暦
  2. 江戸時代

    寛政
  3. 奈良時代

    神亀
  4. 平安時代

    寛仁
  5. 平安時代

    延喜
PAGE TOP