江戸時代

正徳

読み方

しょうとく・しやうとく

西暦

1711年6月11日~1716年8月9日

期間

約5年2ヵ月

天皇・上皇

中御門天皇・霊元上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(近衛)家熙(摂政)・徳川家宜(将軍)

勘申者

東坊城総長

改元理由

代治改元

出典

「尚書」正義の「正徳者自正其徳」から。

主な出来事

宝永8年4月25日・・・中御門天皇即位のため改元。
正徳2年・・・新井白石が将軍・家宣に荻原重秀の免職を進言し、重秀を隠居・永蟄居に追い込む。
正徳4年3月・・・大奥の老女絵島が、歌舞伎役者の生島新五郎らに遊興に及んだことが発端となり、大奥に対し大規模な綱紀粛正が行われる(絵島・生島事件)。
正徳4年4月・・・貨幣を改鋳、正徳金の発行。
正徳4年5月・・・宝永金・宝永銀の改鋳で大きな差益を出していた銀座に対し手入れが行われ、銀座年寄らが遠島や闕所に。
正徳4年8月・・・貨幣を再改鋳、享保金・享保銀の発行。
正徳5年・・・海舶互市新令が施行される。
正徳5年9月25日・・・霊元法皇皇女八十宮と徳川家継との婚約が成立する。
正徳6年6月22日・・・享保に改元。

ピックアップ記事

  1. 霊亀
  2. 明和
  3. 嘉祥
  4. 長暦
  5. 天慶
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 大化
  2. 万延
  3. 享和
  4. 天暦
  5. 慶雲
  6. 文化
  7. 承和
  8. 神護景雲
  9. 天禄
  10. 治暦
Sponsored Links
  1. 江戸時代

    元文
  2. 飛鳥時代

    慶雲
  3. 奈良時代

    神亀
  4. 江戸時代

    嘉永
  5. 奈良時代

    平城京遷都
PAGE TOP