安土桃山時代

文禄

読み方

ぶんろく

西暦

1593年1月10日~1596年12月16日

期間

約3年10ヶ月

天皇・上皇

後陽成天皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

豊臣秀次(関白)

勘申者

東坊城盛長

改元理由

代治改元

出典

杜佑「通典職官十七」の「凡京文武官、毎歳給禄」から。

主な出来事

天正20年12月8日・・・改元理由は後陽成天皇の代始改元だが、即位6年目という歴史上3番目に長い遅滞で、豊臣秀次の関白就任による改元という説がある。
文禄元年・・・文禄の役(天正20年4月12日に始まる)。
文禄2年1月5日・・・正親町上皇崩御。
文禄2年8月3日・・・淀殿が、大坂城で拾(のちの豊臣秀頼)を出産。小笠原貞頼が小笠原諸島を発見したとされる。
文禄3年2月27日・・・豊臣秀吉が吉野で花見の宴を行う。
文禄3年4月15日・・・近衛信尹が薩摩に流される。
文禄3年8月1日・・・伏見城が完成し、豊臣秀吉が入城。
文禄3年9月29日・・・福島正則・島津義弘らが巨済島の朝鮮軍を破る。豊臣秀吉が全国的に検地を実施(太閤検地)。
文禄4年7月8日・・・豊臣秀吉、高野山に豊臣秀次を追放。
文禄4年7月15日・・・豊臣秀吉、高野山で豊臣秀次が自害させる。
文禄4年7月・・・聚楽第を豊臣秀吉が破壊させる。
文禄4年8月2日・・・豊臣秀吉が豊臣秀次の妾や子女を三条河原で処刑。
文禄5年閏7月9日・・・伊予国で大地震、薬師寺の本堂や仁王門、鶴岡八幡宮が倒壊(慶長伊予地震)。
文禄5年閏7月12日・・・豊後国で大地震と大津波、瓜生島が海中に没する(慶長豊後地震)。
文禄5年閏7月12日~13日・・・畿内一円で大地震、伏見城や方広寺の大仏殿が倒壊(慶長伏見地震)。
文禄5年8月28日・・・スペインのサン・フェリペ号が浦戸湾に漂着(サン=フェリペ号事件)。
文禄5年9月・・・豊臣秀吉、大阪城で明使と会見するも、講和内容に激怒し、朝鮮へ再出兵を命じる。
文禄5年10月27日・・・慶長に改元。

ピックアップ記事

  1. 天和
  2. 永延
  3. 白鳳文化
  4. 宝暦
  5. 仁寿
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 承和
  2. 康保
  3. 天安
  4. 承保
  5. 弘仁
  6. 天平神護
  7. 慶雲
  8. 宝亀
  9. 寛延
  10. 長保
Sponsored Links
  1. 飛鳥時代

    白鳳文化
  2. 江戸時代

    明和
  3. 平安時代

    康平
  4. 平安時代

    寛徳
  5. 江戸時代

    寛政
PAGE TOP