戦国時代

大永

読み方

たいえい・だいえい

西暦

1521年9月23日~1528年9月3日

期間

約6年11ヵ月

天皇・上皇

後柏原天皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(二条)尹房(関白)

勘申者

五条為学

改元理由

災異改元

出典

「杜氏通典」の「庶務至微至密、其大則以永業」から。

主な出来事

永正18年8月23日・・・戦乱、天変などの災異のため改元。
大永元年11月25日・・・管領・細川高国に推戴された足利亀王丸、右馬頭に叙任さる。すなわち、将軍就任予定者として正式に認められ、事実、翌月12月25日を以って将軍に補された。
大永元年12月25日・・・足利義晴、征夷大将軍に任じられる。
大永3年・・・寧波の乱、大永の内訌。
大永4年・・・大永の五月崩れ
大永6年4月14日・・・駿河守護 今川氏親が家法三十三箇条(今川仮名目録)を制定。
大永6年7月13日・・・味方の讒言を信じた細川高国、有力配下の香西元盛を上意討ち。これを機に、高国派の内紛が表面化。元盛の実兄たち(波多野稙通・柳本賢治)に離反される。
大永6年10月・・・細川澄元の遺児 六郎、亡父の仇である高国を打倒すべく阿波にて挙兵。細川氏の管領争いが再燃。年内には畿内まで進出した澄元軍、高国から離反した波多野軍と合流。
大永7年2月12日・・・桂川原の戦い。管領 細川高国が、天敵 細川六郎の連合軍に大敗し、将軍 足利義晴を奉じて京から落ち延びる。(評定衆や奉行人まで逃げ出したため、幕府の政治機能が麻痺する事態に陥る。)
大永8年8月20日・・・享禄に改元。

ピックアップ記事

  1. 寛徳
  2. 天和
  3. 長暦
  4. 寛仁
  5. 貞享
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 元慶
  2. 天平感宝
  3. 長元
  4. 万寿
  5. 天長
  6. 治安
  7. 寛徳
  8. 天平
  9. 文化
  10. 仁和
Sponsored Links
  1. 江戸時代

    安永
  2. 平安時代

    康平
  3. 平安時代

    永祚
  4. 平安時代

    天長
  5. 奈良時代

    神亀
PAGE TOP