戦国時代

延徳

読み方

えんとく・ゑんとく

西暦

1489年9月16日~1492年8月12日

期間

約2年11ヵ月

天皇・上皇

後土御門天皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(一条)冬良(関白)

勘申者

高辻長直

改元理由

災異改元

出典

「孟子」の「開延道徳」から。

主な出来事

長享3年8月21日・・・改元。
延徳元年2月23日・・・銀閣(東山山荘・慈照寺)の上棟式。
延徳元年11月・・・私部城で毛利次郎が討死・矢部館に逃れた矢部定利、山名政実らも山名豊時の軍勢に囲まれ自刃(第2次毛利次郎の乱)。
延徳2年7月5日・・・足利義材、征夷大将軍に任じられる。
延徳4年7月19日・・・明応に改元。

ピックアップ記事

  1. 貞享
  2. 天和
  3. 元明天皇
  4. 飛鳥文化
  5. 明和
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 養老
  2. 弘化
  3. 正暦
  4. 延喜
  5. 承和
  6. 大化
  7. 康保
  8. 元慶
  9. 万延
  10. 元明天皇
Sponsored Links
  1. 平安時代

    安和
  2. 江戸時代

    明和
  3. 江戸時代

    天和
  4. 平安時代

    康平
  5. 飛鳥時代

    白鳳文化
PAGE TOP