南北朝時代・室町時代

文正

読み方

ぶんしょう・ぶんしやう

西暦

1466年3月14日~1467年4月9日

期間

約1年

天皇・上皇

後土御門天皇・後花園上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(二条)持通(関白)・足利義政(将軍)

勘申者

広橋綱光

改元理由

代治改元

出典

「荀子」の「積文学、正身行」から。

主な出来事

寛正7年2月28日・・・後土御門天皇の代始めにより改元。
文正元年9月6日・・・諸大名の要求による、将軍足利義政側近の追放(文正の政変)。
文正元年12月18日・・・後土御門天皇の即位に伴う大嘗祭が行われる(以後、貞亭4年まで中断)。
文正2年1月18日~19日・・・畠山氏の家督争いによる合戦。応仁の乱に繋がる(御霊合戦)。
文正2年3月5日・・・応仁に改元。

ピックアップ記事

  1. 永承
  2. 藤原氏と摂関政治
  3. 元文
  4. 元明天皇
  5. 天保
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 長保
  2. 飛鳥文化
  3. 天平感宝
  4. 康平
  5. 万寿
  6. 斉衡
  7. 承保
  8. 大宝
  9. 寛徳
  10. 寛延
Sponsored Links
  1. 平安時代

    延長
  2. 江戸時代

    宝暦
  3. 平安時代

    天慶
  4. 飛鳥時代

    朱鳥
  5. 奈良時代

    天応
PAGE TOP