南北朝時代・室町時代

永享

読み方

えいきょう・ゑいきやう

西暦

1429年10月3日~1441年3月10日

期間

約11年5ヵ月

天皇・上皇

後花園天皇・後小松上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(二条)持基(摂政)・足利義教(将軍)

勘申者

唐橋在豊

改元理由

代治改元

出典

「後漢書」の「能立魏々之功、伝于子孫、永享無窮之祚」から。 勘申者は文章博士菅原在豊。

主な出来事

正長2年9月5日・・・後花園天皇の代始めにより改元。
永享3年・・・大内盛見が筑前国萩原で大友氏、少弐氏に攻められて戦死する。
永享4年・・・幕府将軍足利義教が日明貿易(勘合貿易)を復活させる。
永享4年8月・・・足利義教、遣明使を再開する。
永享4年10月・・・細川持之が管領に就任する。
永享5年・・・永享の山門騒動
永享7年・・・和賀の大乱
永享10年8月16日・・・永享の乱。鎌倉公方・足利持氏が関東管領・上杉憲実の攻撃に出陣。
永享11年6月27日・・・飛鳥井雅世が「新続古今和歌集」を撰上。
永享12年3月4日・・・足利持氏の遺児を下総の吉城氏らが擁立し、室町幕府に反乱する(結城合戦)。
永享13年2月17日・・・嘉吉に改元。

ピックアップ記事

  1. 藤原氏と摂関政治
  2. 元治
  3. 安永
  4. 寛仁
  5. 貞享
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 宝亀
  2. 寛延
  3. 天平
  4. 昭和
  5. 康保
  6. 仁和
  7. 大化
  8. 平安文化
  9. 天延
  10. 天暦
Sponsored Links
  1. 平安時代

    天長
  2. 飛鳥時代

    元明天皇
  3. 平安時代

    安和
  4. 奈良時代

    大化の改新と律令国家
  5. 平安時代

    延喜
PAGE TOP