南北朝時代・室町時代

正長

読み方

しょうちょう・しやうちやう

西暦

1428年6月10日~1429年10月3日

期間

約1年4ヵ月

天皇・上皇

称光天皇・後小松上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(二条)持基(関白)

勘申者

唐橋在直

改元理由

代治改元

出典

「礼記」正義の「在位之君子、威儀不差忒、可以正長是四方之国」から。

主な出来事

応永35年4月27日・・・称光天皇の即位に伴う代始改元。
正長元年・・・正長の土一揆
正長元年7月28日・・・称光天皇の崩御に伴い、後花園天皇が践祚。
正長2年3月15日・・・足利義宣、義教と改名し、征夷大将軍宣下が行われる。室町幕府の将軍空位が4年ぶりに解消される。
正長2年9月5日・・・永享に改元。

ピックアップ記事

  1. 嘉永
  2. 明和
  3. 安永
  4. 室町文化
  5. 天平勝宝
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 治暦
  2. 承保
  3. 康保
  4. 飛鳥文化
  5. 長元
  6. 慶雲
  7. 宝亀
  8. 天長
  9. 平安文化
  10. 仁寿
Sponsored Links
  1. 平安時代

    安和
  2. 飛鳥時代

    慶雲
  3. 平安時代

    仁寿
  4. 江戸時代

    明和
  5. 平安時代

    永延
PAGE TOP