南北朝時代・室町時代

嘉慶

読み方

かけい・かきょう

西暦

1387年10月5日~1389年3月7日

期間

約1年6ヶ月

天皇・上皇

後小松天皇・後円融上皇・崇光上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(二条)良基(摂政)・足利義満(将軍)

勘申者

菅原(東坊城)秀長(前右大弁三位)

改元理由

疾疫。流行病にて前関白近衛道嗣が亡くなったことによる。

出典

「毛詩正義」の「将有嘉慶、禎祥先来見也」から。

主な出来事

至徳4年8月23日・・・疫病により改元。
嘉慶2年3月・・・足利義満が紀伊国和歌浦・紀三井寺を訪れる。
嘉慶2年7月・・・九州探題の今川貞世(了俊)が、九州で倭寇に誘拐された俘虜を返還する。
嘉慶2年9月16日・・・足利義満が駿河国に下向し、富士山を観る。また今川泰範を訪ねる。
嘉慶3年2月9日・・・康応に改元。

ピックアップ記事

  1. 宝暦
  2. 平成
  3. 応和
  4. 永祚
  5. 天長
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 慶雲
  2. 白鳳文化
  3. 天延
  4. 承和
  5. 承保
  6. 長保
  7. 正暦
  8. 斉衡
  9. 長和
  10. 治暦
Sponsored Links
  1. 江戸時代

    天保
  2. 江戸時代

    嘉永
  3. 平安時代

    応和
  4. 平安時代

    長暦
  5. 平安時代

    嘉祥
PAGE TOP