南北朝時代・室町時代

康安

読み方

こうあん・かうあん

西暦

1361年5月4日~1362年10月11日

期間

約1年6ヶ月

天皇・上皇

後光厳天皇・光明法皇・光厳法皇・崇光上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(九条)経教(関白)・足利義詮(将軍)

勘申者

菅原長綱(刑部卿)・菅原高嗣(勘解由長官)

改元理由

天変地震疾疫等による。

出典

「史記正義」の「天下衆事咸得康安、以致天下太平」と『唐紀』の「作治康凱安之舞」から。

主な出来事

延文6年3月29日・・・改元。
康安元年6月・・・斯波氏経が九州探題となる。
康安元年6月24日・・・康安地震。「太平記」などに記述された大地震。南海トラフの巨大地震と推定される。
康安元年8月・・・菊池武光が筑前国で少弐冬資らを撃破し、大宰府で南朝の懐良親王を迎える。
康安元年10月・・・室町幕府執事(管領)であった細川清氏が失脚して南朝に降伏する。
康安元年11月・・・畠山国清が鎌倉公方の足利基氏と対立し、伊豆国へ逃れる。
康安元年12月8日・・・南朝軍が京都に迫るにより、足利義詮、後光厳天皇を奉じて近江に逃れる。
康安元年12月27日・・・足利義詮が京都を回復する。
康安2年2月10日・・・後光厳天皇が京都に還幸する。
康安2年7月・・・南朝に降った細川清氏が讃岐国(香川県)で戦死する。斯波義将が管領に就任する。
康安2年9月・・・伊豆へ追われた畠山国清が降伏する。
康安2年9月1日・・・光厳法皇、法隆寺に御幸、ついで吉野に赴き後村上天皇と会見する。
康安2年9月23日・・・貞治に改元。

ピックアップ記事

  1. 寛政
  2. 慶雲
  3. 仁寿
  4. 大化の改新と律令国家
  5. 天和
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 仁寿
  2. 天平感宝
  3. 元明天皇
  4. 天徳
  5. 天暦
  6. 治暦
  7. 養老
  8. 長元
  9. 康保
  10. 弘仁
Sponsored Links
  1. 江戸時代

    嘉永
  2. 平安時代

    寛仁
  3. 奈良時代

    大化の改新と律令国家
  4. 平安時代

    応和
  5. 近代

    平成
PAGE TOP