南北朝時代・室町時代

建徳

読み方

けんとく

西暦

1370年8月16日~1372年5月

期間

約1年8ヶ月

天皇・上皇

長慶天皇

改元理由

代治によるか。

出典

「文選」の「建至徳以業洪業」から。勘申者は不詳。

主な出来事

建徳元年3月・・・明使趙秩、日本に向かい、ついで懐良親王に国書を呈する。
建徳元年11月・・・和田正武が河内東条城の楠木正儀を再三攻撃する。
建徳2年2月・・・ 二条教頼家で『三百番歌合』が催される。
建徳2年5月8日・・・細川頼基が南朝方攻撃のために大軍を率いて河内へ出陣する。
建徳2年8月13日・・・南朝が四条隆俊・和田正武を派遣して楠木正儀を攻撃させる。
建徳2年9月・・・懐良親王の使僧祖来、明に到り、表箋を呈し、捕虜70余名を返す。
建徳2年10月14日・・・征西府の使者祖来らが明に到り、懐良親王が日本国王に封ぜられる(明は洪武4年)。
建徳2年12月19日・・・九州探題今川貞世が周防から豊前門司に到り、赤坂に陣する。
建徳3年2月13日・・・菊池武政が肥前烏帽子岳で今川仲秋を襲撃するも敗退する。
建徳3年3月・・・伊勢国司北畠氏が同国守護仁木義長を破り、朝明郡一帯を占領する。

ピックアップ記事

  1. 平成
  2. 寛徳
  3. 嘉永
  4. 永祚
  5. 永承
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 天平
  2. 仁寿
  3. 長保
  4. 康保
  5. 昭和
  6. 正暦
  7. 養老
  8. 永観
  9. 神護景雲
  10. 大化
Sponsored Links
  1. 飛鳥時代

    文武天皇
  2. 平安時代

    天長
  3. 平安時代

    嘉祥
  4. 飛鳥時代

    白鳳文化
  5. 平安時代

    延長
PAGE TOP