鎌倉時代

徳治

読み方

とくじ・とくぢ・とくち

西暦

1307年1月18日~1308年11月22日

期間

約1年10ヶ月

天皇・上皇

後二条天皇・後宇多上皇・伏見上皇・後伏見上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(九条)師教(関白)・久明親王(将軍)・北条師時(執権)

勘申者

菅原在嗣(前参議)

改元理由

災異改元

出典

「左伝」の「能敬必有徳徳以治民」や「後魏書」の「明王以徳治天下」などから。

主な出来事

嘉元4年12月14日・・・天変により改元。
徳治3年8月4日・・・久明親王、帰京。
徳治3年8月10日・・・守邦王を征夷大将軍に任ずる。
徳治3年8月25日・・・後二条天皇が崩御。富仁親王が即位(花園天皇)。
徳治3年9月19日・・・守邦王に親王宣下。
徳治3年10月9日・・・延慶に改元。

ピックアップ記事

  1. 永祚
  2. 朱鳥
  3. 藤原氏と摂関政治
  4. 仁寿
  5. 応和
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 寛延
  2. 大宝
  3. 長保
  4. 白鳳文化
  5. 永観
  6. 長和
  7. 万延
  8. 養老
  9. 天平
  10. 神護景雲
Sponsored Links
  1. 奈良時代

    平城京遷都
  2. 江戸時代

    天保
  3. 平安時代

    永承
  4. 近代

    平成
  5. 江戸時代

    元文
PAGE TOP