鎌倉時代

乾元

読み方

けんげん・けんぐゑん・けんけん・けんげん・けむけん・けんくえん

西暦

1302年12月10日~1303年9月16日

期間

約9ヵ月

天皇・上皇

後二条天皇・後深草法皇・亀山法皇・後宇多上皇・伏見上皇・後伏見上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(二条)兼基(関白)・久明親王(将軍)・北条師時(執権)

勘申者

不詳。菅原(高辻)長成の旧勘文によるか。

改元理由

代治改元

出典

「周易」の「大哉乾元、万物資始、乃統天」から。

主な出来事

正安4年11月21日・・・後二条天皇の即位により改元。
乾元2年7月12日・・・忍性、没。
乾元2年8月5日・・・嘉元に改元。

ピックアップ記事

  1. 室町文化
  2. 明和
  3. 貞享
  4. 寛仁
  5. 安永
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 養老
  2. 長保
  3. 承保
  4. 平安文化
  5. 享和
  6. 天安
  7. 寛延
  8. 承和
  9. 慶雲
  10. 仁和
Sponsored Links
  1. 平安時代

    永観
  2. 奈良時代

    神亀
  3. 平安時代

    永承
  4. 平安時代

    安和
  5. 平安時代

    応和
PAGE TOP