鎌倉時代

弘長

読み方

こうちょう・こうちやう・かうちやう・ほうちやう

西暦

1261年3月22日~1264年3月27日

期間

約3年

天皇・上皇

亀山天皇・後深草上皇・後嵯峨上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(鷹司)兼平(関白)・宗尊親王(将軍)・北条長時(執権)

勘申者

不詳

改元理由

革年改元

出典

「貞観政要‐封建」の「闡二治定之規一、以弘二長世之業一者、万古不易」より。

主な出来事

文応2年2月20日・・・辛酉革命にて改元。
弘長元年・・・日蓮が鎌倉幕府によって伊豆の伊東へ流罪となる。
弘長2年11月28日・・・親鸞、没。
弘長3年11月22日・・・北条時頼、没。
弘長4年2月28日・・・文永に改元。

ピックアップ記事

  1. 元文
  2. 平成
  3. 寛徳
  4. 安和
  5. 天平勝宝
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 大化
  2. 天平神護
  3. 慶雲
  4. 承保
  5. 弘仁
  6. 承和
  7. 正暦
  8. 白雉
  9. 康平
  10. 天平感宝
Sponsored Links
  1. 江戸時代

    天和
  2. 近代

    平成
  3. 江戸時代

    元文
  4. 飛鳥時代

    白鳳文化
  5. 平安時代

    康平
PAGE TOP