鎌倉時代

建長

読み方

けんちょう・けんちやう

西暦

1249年5月2日~1256年10月24日

期間

約7年5ヵ月

天皇・上皇

後深草天皇・後嵯峨天皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(近衛)兼経(摂政)・藤原(九条)頼嗣(将軍)・北条時頼(執権)

勘申者

藤原(勘解由小路)経光(前権中納言)

改元理由

災異改元

出典

「後漢書」(段頻傳)「建長久之策」。

主な出来事

宝治3年3月18日・・・天変・火災による改元。

建長3年・・・続後撰和歌集が成立。
建長4年・・・宗尊親王が鎌倉幕府第6代将軍に就任。
建長8年10月5日・・・康元に改元。

ピックアップ記事

  1. 安和
  2. 長暦
  3. 延喜
  4. 神亀
  5. 室町文化
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 長元
  2. 慶雲
  3. 平安文化
  4. 承和
  5. 寛徳
  6. 永観
  7. 延暦
  8. 治安
  9. 大化
  10. 弘仁
Sponsored Links
  1. 奈良時代

    天平勝宝
  2. 江戸時代

    寛政
  3. 奈良時代

    平城京遷都
  4. 平安時代

    長暦
  5. 平安時代

    寛徳
PAGE TOP