鎌倉時代

宝治

読み方

ほうじ・ほうぢ・はうぢ・ほうち

西暦

1247年4月5日~1249年5月2日

期間

約2年1ヵ月

天皇・上皇

後深草天皇・後嵯峨天皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(近衛)兼経(摂政)・藤原(九条)頼嗣(将軍)・北条時頼(執権)

勘申者

藤原経範(文章博士)

改元理由

代治改元

出典

「春秋繁露-通国身」の「気之清者為レ精、人之清者為レ賢、治レ身者以レ積レ精為レ宝、治レ国者以レ積レ賢為レ道」。

主な出来事

寛元5年2月28日・・・後深草天皇即位に伴う代始改元。
宝治元年6月5日・・・宝治合戦(鎌倉幕府の内乱)。
宝治3年3月18日・・・建長に改元。

ピックアップ記事

  1. 平成
  2. 天保
  3. 仁寿
  4. 延暦
  5. 慶雲
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 元明天皇
  2. 長和
  3. 養老
  4. 延喜
  5. 弘仁
  6. 寛徳
  7. 万寿
  8. 長保
  9. 天平神護
  10. 白鳳文化
Sponsored Links
  1. 平安時代

    永延
  2. 平安時代

    康平
  3. 平安時代

    永観
  4. 江戸時代

    嘉永
  5. 飛鳥時代

    文武天皇
PAGE TOP