鎌倉時代

文暦

読み方

ぶんりゃく・ぶんりやく・ふんりやく・もんれき・もんりやく

西暦

1234年11月27日~1235年11月1日

期間

約1年

天皇・上皇

四条天皇・後鳥羽法皇・順徳上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(九条)教実(摂政)・藤原(九条)頼経(将軍)・北条泰時(執権)

勘申者

藤原(日野)家光(権中納言)・菅原淳高(刑部卿)

改元理由

災異改元

出典

「文選卷四十六・顔延年三月三日曲水詩序」の「皇上以叡文承歴(暦)、景屬宸居。」などから。

主な出来事

天福2年11月5日・・・天変地震により改元。
文暦2年・・・新勅撰和歌集が成立。
文暦2年3月28日・・・藤原(九条)教実、没。
文暦2年9月19日・・・嘉禎に改元。

ピックアップ記事

  1. 安和
  2. 長暦
  3. 元治
  4. 応和
  5. 藤原氏と摂関政治
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 康平
  2. 仁和
  3. 天徳
  4. 白雉
  5. 昭和
  6. 弘化
  7. 天安
  8. 正暦
  9. 天延
  10. 天平感宝
Sponsored Links
  1. 平安時代

    康平
  2. 平安時代

    延長
  3. 飛鳥時代

    文武天皇
  4. 江戸時代

    天保
  5. 南北朝時代・室町時代

    室町文化
PAGE TOP