鎌倉時代

寛喜

読み方

かんぎ・くわんぎ・くわんき・くわんか

西暦

1229年3月31日~1232年4月23日

期間

約3年1ヵ月

天皇・上皇

後堀河天皇・後鳥羽法皇・土御門上皇・順徳上皇・仲恭上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(九条)道家(関白)・藤原(九条)頼経(将軍)・北条泰時(執権)

勘申者

菅原(高辻)為長(式部大輔)

改元理由

災異改元

出典

「後魏書」の「仁興二温泉一寛興二喜楽一」より。

主な出来事

安貞3年3月5日・・・天災、飢饉のため改元。
寛喜3年・・・寛喜の飢饉。
寛喜3年10月11日・・・出家していた土御門上皇、阿波国にて崩御。
寛喜4年4月2日・・・貞永に改元。

ピックアップ記事

  1. 白鳳文化
  2. 藤原氏と摂関政治
  3. 寛仁
  4. 貞享
  5. 永承
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 天平
  2. 仁寿
  3. 治暦
  4. 弘化
  5. 延喜
  6. 長保
  7. 斉衡
  8. 康保
  9. 天暦
  10. 養老
Sponsored Links
  1. 奈良時代

    神亀
  2. 平安時代

    永延
  3. 平安時代

    永祚
  4. 平安時代

    延喜
  5. 飛鳥時代

    白鳳文化
PAGE TOP