鎌倉時代

貞応

読み方

じょうおう・ぢやうおう・ていおう・ぢやうおう・ちやうをう・ちやうおう・じやうおう

西暦

1222年5月25日~1224年12月31日

期間

約2年7ヶ月

天皇・上皇

後堀河天皇・後鳥羽法皇・土御門上皇・順徳上皇・仲恭上皇・後高倉院

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原(近衛)家実(関白)・北条義時(執権)

勘申者

菅原(高辻)為長(大蔵卿)

改元理由

代治改元

出典

「易経」中孚卦の「中孚以利レ貞、乃応二乎天稷一也」より。

主な出来事

承久4年4月13日・・・後堀河天皇の代始による改元。
貞応2年5月14日・・・後高倉院、崩御。
貞応3年6月13日・・・北条義時、没。
貞応3年11月20日・・・元仁に改元。

ピックアップ記事

  1. 朱鳥
  2. 文武天皇
  3. 天和
  4. 延喜
  5. 天保
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 天平神護
  2. 斉衡
  3. 神護景雲
  4. 文化
  5. 康平
  6. 元明天皇
  7. 康保
  8. 万寿
  9. 仁寿
  10. 延喜
Sponsored Links
  1. 飛鳥時代

    元明天皇
  2. 平安時代

    寛仁
  3. 奈良時代

    天応
  4. 奈良時代

    大化の改新と律令国家
  5. 平安時代

    永祚
PAGE TOP