平安時代

永久

読み方

えいきゅう・えいきう・ようきゅう

西暦

1113年8月25日~1118年4月25日

期間

約4年8ヶ月

天皇・上皇

鳥羽天皇・白河法皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原忠実(摂政)

勘申者

菅原在良(式部大輔)

改元理由

災異改元

出典

出典は不詳。
「詩経」小雅、六月の「吉甫燕喜、既多受祉、来帰自鎬、我行永久」や蔡邕「難夏育請伐鮮卑議」の「其設不戦之計、守禦之固者、皆社稷之臣、永久之策也」に依ると考えられる。

主な出来事

天永4年7月13日・・・天変、怪異、疫病、戦乱などにより改元。
永久元年12月26日・・・藤原忠実を関白に任ず。
永久4年・・・三善為康、「朝野群載」を撰す。
永久6年4月3日・・・元永に改元。

ピックアップ記事

  1. 元治
  2. 朱鳥
  3. 天応
  4. 安和
  5. 飛鳥文化
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 大宝
  2. 弘化
  3. 平安文化
  4. 元慶
  5. 天禄
  6. 享和
  7. 神護景雲
  8. 正暦
  9. 仁寿
  10. 元明天皇
Sponsored Links
  1. 奈良時代

    大化の改新と律令国家
  2. 平安時代

    永祚
  3. 奈良時代

    神護景雲
  4. 平安時代

    延喜
  5. 平安時代

    天長
PAGE TOP