平安時代

天永

読み方

てんえい・てんやう

西暦

1110年7月31日~1113年8月25日

期間

約3年1ヵ月

天皇・上皇

鳥羽天皇・白河法皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原忠実(摂政)

勘申者

大江匡房(大宰権帥)

改元理由

災異改元

出典

大宰権帥大江匡房の勘申による。「尚書」の「欲王以小民受天永命」から。

主な出来事

天仁3年7月13日・・・彗星の出現により改元。
天永2年11月5日・・・大江匡房、没。
天永3年10月20日・・・伊豆七島が噴火。
天永3年11月2日・・・伊豆七島が噴火。
天永4年7月13日・・・永久に改元。

ピックアップ記事

  1. 天保
  2. 寛政
  3. 嘉永
  4. 安永
  5. 大化の改新と律令国家
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 仁寿
  2. 承和
  3. 康保
  4. 天平神護
  5. 治暦
  6. 長保
  7. 養老
  8. 飛鳥文化
  9. 元慶
  10. 寛徳
Sponsored Links
  1. 飛鳥時代

    元明天皇
  2. 平安時代

    永承
  3. 南北朝時代・室町時代

    室町文化
  4. 平安時代

    永観
  5. 平安時代

    長暦
PAGE TOP