平安時代

承徳

読み方

じょうとく・しょうとく

西暦

1097年12月27日~1099年9月15日

期間

約1年9ヶ月

天皇・上皇

堀河天皇・白河法皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原師通(関白)

勘申者

藤原敦基(文章博士)

改元理由

災異改元

出典

「周易」の「幹文用誉承以徳也」から。

主な出来事

永長2年11月21日・・・天変、地震、洪水、大風などにより改元。
承徳元年9月・・・宋の明州から牒状来る。
承徳元年12月・・・大宰府から返書させる。
承徳2年10月23日・・・源義家、院昇殿を許される。
承徳3年6月28日・・・藤原師通、没。
承徳3年8月28日・・・康和に改元。

ピックアップ記事

  1. 長暦
  2. 康平
  3. 神亀
  4. 元文
  5. 応和
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 大宝
  2. 宝亀
  3. 天平
  4. 仁和
  5. 神護景雲
  6. 延喜
  7. 天平感宝
  8. 長和
  9. 治暦
  10. 仁寿
Sponsored Links
  1. 平安時代

    天慶
  2. 平安時代

    延長
  3. 奈良時代

    大化の改新と律令国家
  4. 江戸時代

    元治
  5. 平安時代

    正暦
PAGE TOP