平安時代

康平

読み方

こうへい・かうへい・かうべい

西暦

1058年9月19日~1065年9月4日

期間

約7年

天皇・上皇

後冷泉天皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原頼道(関白)

勘申者

藤原実範(文章博士)

改元理由

災異改元

出典

「後漢書」の「文帝寛恵柔、克遭二世康平一」より。

主な出来事

天喜6年8月29日・・・大極殿火災のために改元。
康平元年・・・「更級日記」が記される。
康平元年10月5日・・・橘俊通(菅原孝標の夫)没。
康平2年1月8日・・・里内裏である一乗院焼亡。
康平5年9月17日・・・源頼義、安倍貞任を衣川柵・鳥海柵・厨川柵で破り、貞任を殺して宗任を降伏させる(前九年の役終わる)。
康平8年8月2日・・・治暦に改元。

ピックアップ記事

  1. 大化の改新と律令国家
  2. 永祚
  3. 正暦
  4. 元治
  5. 康平
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 弘仁
  2. 天平神護
  3. 元明天皇
  4. 文化
  5. 慶雲
  6. 治暦
  7. 平安文化
  8. 元慶
  9. 白雉
  10. 天徳
Sponsored Links
  1. 江戸時代

    嘉永
  2. 平安時代

    天長
  3. 江戸時代

    宝暦
  4. 平安時代

    藤原氏と摂関政治
  5. 飛鳥時代

    元明天皇
PAGE TOP