平安時代

永承

読み方

えいしょう・えいじょう・えいじやう・ようじよう・えいせう・えいぜう・えいしやう

西暦

1046年5月22日~1053年2月2日

期間

約6年9ヶ月

天皇・上皇

後冷泉天皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原頼道(関白)

勘申者

平定親(文章博士・左大弁)

改元理由

代治改元

出典

「書経」の「永承天祚」または「晋書」巻21礼志の「宜下奉二宗廟一永承中天仍上」によるという。勘申者は文章博士・平定親。

主な出来事

寛徳3年4月14日・・・改元。
永承5年1月・・・伊勢神宮の禰宜ら、神郡の民ら700余人を率いて入京し、祭主大中臣永輔の悲法を訴える。
永承6年・・・安倍頼時、国司に従わず。追討のため源頼義を陸奥守に任ずる(前九年の役)。
永承7年3月28日・・・藤原頼道、宇治別業を仏寺とする(平等院)。
永承8年1月11日・・・天喜に改元。

ピックアップ記事

  1. 寛仁
  2. 延暦
  3. 永延
  4. 安和
  5. 天平勝宝
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 延喜
  2. 万寿
  3. 大化
  4. 享和
  5. 康保
  6. 白雉
  7. 平安文化
  8. 天平
  9. 長保
  10. 正暦
Sponsored Links
  1. 平安時代

    長暦
  2. その他

    飛鳥文化
  3. 平安時代

    永延
  4. 平安時代

    正暦
  5. 飛鳥時代

    慶雲
PAGE TOP