平安時代

長元

読み方

ちょうげん・ちやうぐえん・ちやうけん

西暦

1028年8月18日~1037年5月9日

期間

約8年9ヶ月

天皇・上皇

後一条天皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原頼道(関白)

勘申者

善滋為政(文章博士)

改元理由

災異改元

出典

「六韜」の「天之為レ天、元為二天長一矣、地久矣、長久在二其元一」より。

主な出来事

万寿5年7月25日・・・改元。
長元2年・・・伊賀守源光清が伊豆国に配流される。
長元2年6月・・・前上総介平忠常、下総で反乱起こす。
長元2年7月・・・但馬国百姓、関白藤原頼道宅の門外で放呼こする。
長元3年・・・平忠常の乱により安房守藤原光業が印鎰を捨てて帰京する。
長元4年6月6日・・・源頼信、平忠常の乱を鎮めて入京。
長元4年8月・・・藤原相通が伊豆国に、藤原小忌古曾が壱岐国にそれぞれ配流される。
長元9年4月17日・・・後一条天皇崩御、皇太弟敦良親王即位(後朱雀天皇)。
長元10年4月21日・・・長暦に改元。

ピックアップ記事

  1. 元文
  2. 神護景雲
  3. 天保
  4. 貞享
  5. 嘉祥
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 仁寿
  2. 天平神護
  3. 長和
  4. 斉衡
  5. 天暦
  6. 康平
  7. 弘仁
  8. 治安
  9. 寛延
  10. 承保
Sponsored Links
  1. 江戸時代

    貞享
  2. 平安時代

    嘉祥
  3. 江戸時代

    天保
  4. 平安時代

    長暦
  5. 飛鳥時代

    文武天皇
PAGE TOP