平安時代

長保

読み方

ちょうほう・ちやうほう・ちょうぼう

西暦

999年2月1日~1004年8月8日

期間

約5年6ヶ月

天皇・上皇

一条天皇・冷泉上皇・花山法皇

勘申者

大江匡衡・三善道統(文章博士)・菅原輔正(参議・式部大輔)

改元理由

災異改元

出典

「国語」(周語中)の「乃二以可長保一民矣」。

主な出来事

長徳5年1月13日・・・改元。
長保2年2月25日・・・中宮・藤原定子と女御・藤原彰子がそれぞれ皇后と中宮に冊立され、前代未聞の「一帝二后」が実現した。
長保2年12月16日・・・藤原定子没。この頃、清少納言の「枕草子」を著す。
長保3年5月9日・・・疫神を紫野今宮神社に祀り、御霊会を行う。
長保3年12月・・・大和国の百姓、愁状を提出する。
長保4年11月5日・・・惟宗允亮、「政事要略」の部類を終了する。
長保5年11月・・・宇佐八幡宮神人ら、大宰府権帥平惟仲の苛政を訴える。
長保6年7月20日・・・寛弘に改元。

ピックアップ記事

  1. 仁寿
  2. 平成
  3. 元明天皇
  4. 神護景雲
  5. 寛徳
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 寛延
  2. 弘仁
  3. 飛鳥文化
  4. 元明天皇
  5. 慶雲
  6. 天平
  7. 承保
  8. 仁和
  9. 白鳳文化
  10. 正暦
Sponsored Links
  1. 平安時代

    寛徳
  2. 平安時代

    永祚
  3. 奈良時代

    霊亀
  4. 平安時代

    寛仁
  5. 平安時代

    延長
PAGE TOP