平安時代

永観

読み方

えいかん・えいくわん・ようかん

西暦

983年5月29日~985年5月19日

期間

約3年

天皇・上皇

円融天皇・冷泉上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原頼忠(関白)

勘申者

菅原資忠(文章博士・大学頭)

改元理由

災異改元

出典

「書経」洛誥の「王唏下殷乃承レ叙万年、其永観二朕子一、懐厥徳」など。

主な出来事

天元6年4月15日・・・改元。
永観元年8月1月・・・東大寺僧奝然、入栄。
永観元年12月21月・・・宋皇帝に謁見する。
永観2年4月・・・高麗人、筑前国に来着する。
永観2年8月27日・・・円融天皇退位、皇太子師貞親王(花山天皇)即位。藤原頼忠を関白とする。
永観2年11月・・・破銭法を定める。源為憲、尊子内親王のために三宝絵を著す。
永観2年11月28日・・・丹波康頼、医心方を撰進。
永観3年4月27日・・・寛和に改元。

ピックアップ記事

  1. 寛政
  2. 正暦
  3. 元治
  4. 永観
  5. 寛徳
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 平安文化
  2. 元慶
  3. 慶雲
  4. 宝亀
  5. 長保
  6. 承保
  7. 天平神護
  8. 万寿
  9. 天長
  10. 天暦
Sponsored Links
  1. 平安時代

    延長
  2. 奈良時代

    延暦
  3. 平安時代

    天長
  4. 江戸時代

    貞享
  5. その他

    飛鳥文化
PAGE TOP