平安時代

天元

読み方

てんげん

西暦

978年12月31日~983年5月29日

期間

約4年5ヵ月

天皇・上皇

円融天皇・冷泉上皇

摂政・関白・将軍・内閣総理大臣

藤原頼忠(関白)

改元理由

災異改元

出典

不詳。

主な出来事

貞元3年11月29日・・・翌年が陽五の厄に当たるため改元。
天元2年5月・・・下野国、地方豪族の合戦を報告する。
天元2年7月・・・海賊を追補する。
天元3年7月・・・平安京に暴風雨、羅城門が転倒する。
天元5年10月・・・慶滋保胤、池亭記を著す。
天元6年4月15日・・・永観に改元。

ピックアップ記事

  1. 神護景雲
  2. 天和
  3. 嘉永
  4. 正暦
  5. 寛徳
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 正暦
  2. 養老
  3. 享和
  4. 長和
  5. 延暦
  6. 元慶
  7. 神護景雲
  8. 康保
  9. 承保
  10. 文化
Sponsored Links
  1. 江戸時代

    貞享
  2. 江戸時代

    天和
  3. 江戸時代

    宝暦
  4. 飛鳥時代

    慶雲
  5. 奈良時代

    大化の改新と律令国家
PAGE TOP