平安時代

応和

読み方

おうわ・をうわ

西暦

961年3月5日~964年8月19日

期間

約3年4ヵ月

天皇・上皇

村上天皇

勘申者

菅原文時(右中弁・大学頭・文章博士)

改元理由

災異改元・革年改元

出典

董巴議とうはぎの「鳥獣万物莫不応和」など。

主な出来事

天徳5年2月16日・・・辛酉革命に当たるため改元。
応和元年3月28日・・・小野道風、内裏の殿舎諸門等の額を書く。
応和元年11月・・・天皇新造の内裏に遷る。
応和3年8月23日・・・空也、賀茂河原の小堂に金字大般若経を供養して万灯会を設ける。この頃に新儀式成立。
応和4年7月10日・・・甲子革令により康保に改元。

ピックアップ記事

  1. 文武天皇
  2. 天慶
  3. 永観
  4. 明和
  5. 平城京遷都
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 天安
  2. 寛徳
  3. 平安文化
  4. 天暦
  5. 斉衡
  6. 長保
  7. 天延
  8. 白鳳文化
  9. 治安
  10. 大化
Sponsored Links
  1. 平安時代

    天慶
  2. 平安時代

    正暦
  3. 平安時代

    永承
  4. 平安時代

    応和
  5. 飛鳥時代

    白鳳文化
PAGE TOP