奈良時代

天平勝宝

読み方

てんぴょうしょうほう・てんびやうしようほう・てんへうせうほう

西暦

749年8月19日~757年9月6日

期間

約8年

天皇・上皇

孝謙天皇・聖武太上天皇

改元理由

即位改元

主な出来事

天平感宝元年7月2日・・・孝謙天皇即位により改元。
天平感宝元年8月10日・・・紫微中台の官人任命。
天平勝宝2年9月24日・・・第十二次遣唐使任命(大使藤原清河、副使大伴古麻呂・吉備真備)。
天平勝宝3年・・・懐風藻が編纂される。
天平勝宝4年4月9日・・・東大寺盧舎那仏像開眼供養会。再び佐渡国を建てる。
天平勝宝4年3月・・・第十二次遣唐使は入唐。
天平勝宝5年11月・・・阿倍仲麻呂・鑑真らを伴い唐を出発。
天平勝宝5年12月・・・第十二次遣唐使、第二船のみが九州に到着。
天平勝宝6年1月16日・・・唐より鑑真が来日。
天平勝宝7年4月5日・・・聖武太上天皇に受戒。
天平勝宝8歳(年)5月9日・・・聖武太上天皇崩御、聖武太上天皇の遺品を東大寺に納める(正倉院の始まり)。
天平勝宝9歳(年)8月18日・・・天平宝字に改元。

ピックアップ記事

  1. 永延
  2. 貞享
  3. 神亀
  4. 永観
  5. 安和
Sponsored Links
Sponsored Links

特集記事

  1. 永観
  2. 宝亀
  3. 元慶
  4. 白雉
  5. 斉衡
  6. 昭和
  7. 康平
  8. 文化
  9. 天延
  10. 大宝
Sponsored Links
  1. 平安時代

    延喜
  2. 江戸時代

    安永
  3. 奈良時代

    大化の改新と律令国家
  4. 平安時代

    正暦
  5. 江戸時代

    明和
PAGE TOP